大切

床革

漉きに出す時は可能な限りつけてもらいます。

芯材だったり、ワークショップの材料になったり、用途は厚みによって様々 

どんな姿になっても 革は最後まで使い切りたい

気持ちの良い消化方法を常に心においています。

 

新年の特別価格商品へ たくさんのアクセスありがとうございました。

また機会がありましたら ぜひご参加くださいませ。

 

 

It comments.