おかえりなさい

 
廃業してしまった職人さんから頂いたまま何年もメンテナンスしていなかった漉き機とミシンを修理に出して、今日帰ってきました。
止まっていた針が動き出した感じです。嬉しい。
どんな買い物よりも、満たされた気持ちです。
ミシン屋さん、ありがとう。


文鎮

 

愛用のぶんちん。
鉄(角棒)に取っ手をつけてもらったもの。夫作。
重くていいのです。

革の棚



革用の棚を、鉄で家具や什器を制作するsavor(夫です)に作ってもらいました。
【高1260×横1000×幅350】

小さな作業部屋なのでキャスターを付けて移動(掃除)しやすく。重厚感を感じさせないように13ミリの丸棒で細く、軽く。使い込んで鉄の味(錆など)が出てくるのもまた楽しみです。用途、外寸、感覚をラフで伝えあとはお任せ。
たった二日でわがままオリジナルが出来上がってきました。いつも安心して頼めます。
金属をいとも簡単に扱えるなんて魔法使いみたいだといつも思います。ホームセンターや家具屋さん巡りの時間がない方、オリジナルが欲しい方
ぜひ相談してみて!

http://www.savor.jp/
株式会社サボア( savor Co.,Ltd )


4147



生地をおさえたり、金具をはめたり、いろいろと私の右手の親指と人差し指の代わりをしてくれる。

ヨイシナ つくります。

修理


靴屋さんが廃業になった時に譲り受けた三菱の平ミシン。
返しが見てられないほどに合わなくなってきていて頭を抱えていた。
自分で直してみよう。
外装、カマなどの掃除から入り、カバーを外し一番の気がかりだった
上糸案内のねじを締め直し、ガチャガチャといった変な音がなくなった。
踏みやすくなりきもちが晴れた。
最後に中の汚れもお掃除を。クレ556さまさまです。

 

自分の使う道具は自分で直して使っていきたい。
ここまでアナログな道具ならば原始的な組み立てなので
滅多な事がない限り直し使い続けられるものです。
しかし、コンピューターがついているものは話が変わってきます。
これは↓父から貰ったミシン。自動糸キリまでついてなんと便利…
な、はずですが。ねじ一本外すにも複雑すぎて手が出せなかった。
とにかく念入りに詰まりなどを掃除し、各部の確認にとどまる。
それでも学習すれば  なんとかなるのかな。

この工業用ミシンの日本での生産をしていた会社が解散していて
数年前に消耗品パーツを一つ取り寄せた際
アメリカ本社への在庫確認までさかのぼり結構な日がかかった。。。